スロットマシン
05.03.2021

スロットマシンの歴史


スロットマシン 英 : slot machine とは、 賭博(ギャンブル) を目的とするコイン作動式の ゲーム機 スロットマシン ビデオスロット 、 ビデオポーカー スロットマシン ビデオキノ 、ホースレース、オート ルーレット 他さまざまな種類があるが、一般的には、これらギャンブルゲーム機全体を指す広義の意味よりも、リールマシンおよびビデオスロットのみを指す狭義の意味として用いられる場合が多い。本項では、原則として狭義の意味のスロットマシンについて説明するが、誤解や混同を避けるため、本文中では「リールマシン」あるいは「ビデオスロット」の語を使用し、「スロットマシン」と記述する場合は、必ず広義の意味であるものとする。. コインで作動するチャンスゲーム機が アメリカ において製造されるようになったのは、 南北戦争 以降のことである。年代中頃には、コイン作動式の競馬ゲームがアメリカの ポーカー 確率 で稼動し、この種の機械が新たな工業製品の分野として成立するようになった。年代になると、一般に「ポケットマシン」と呼ばれる、無数のピンを打った盤面にコインを投入し所定のポケットに入れば勝ちという、日本の パチンコ を思わせるゲームや、一般に「ホイール」と呼ばれる、面を放射状に区分けした円盤が回転する マネー・ホイール に似たゲーム機が多く製造されるようになる。しかし、スロットマシンの主流がリールマシンに移る年代以降、この種のマシンは少なくなっていった。.

フェイの「リバティ・ベル」で使用されていたシンボルは、ベル、星、ハート、スペード、ダイヤモンド、蹄鉄の6種類であった。現代においてはスロットマシンの代名詞でもあり、時としてギャンブルゲーム全体の象徴にもなるフルーツシンボルが登場するのは、年にミルズ Mills 社が開発した「リバティベル・ガム・フルーツ」が最初である。これは、ギャンブル機との指弾を避けるために機械の横に付け加えたガムの自販機に因んで採り入れたもので、この時使用されたシンボルは、ベル、ガムの商標、プラム、オレンジ、レモン、スペアミントの6種類であった。ミルズ社は、同じ年に引き続きガムの自販機が付かない「オペレーターズベル」を製造し、その際にスペアミントシンボルはチェリーシンボルに差し替えられた。. ビデオスロットにおいては、本来は「ポーキーマシン」 [5] と呼ばれる オーストラリア のレギュレーションに沿うための仕様である、 トランプ のランクを示唆する スロットマシン.

バーチャルリールとは、年に米国ネバダ州 リノ 在住のインゲ・S・テルナエス [7] により特許申請され、年に認可された、リールマシンに関する技術理論である。これは、マシンの稼動から得られる利益を減らすことなく、より高額のジャックポットを容易に提供できるマシンを作ることを目的とするもので、その手段として、従来は機械的な動作で得ていたゲームの結果を、 コンピュータ で電子的に得るようにしようというものである(詳細は後述「動作原理」参照)。前出のバーリー社は、年にこの理論を応用した初めてのリールマシン「E」シリーズを発表している。. ステッピングモーターのリールマシンへの導入自体は、年に、英国 ウェールズ のJPM社によって、国内市場向けの「ナッジ・マシン」と呼ばれるスロットマシンで既に行われている。このマシンでは、リールが停止した後も、プレイヤーがボタンを操作することによって更にシンボルを上下にずらすことができる「ナッジフィーチャー」で、ステッピングモーターの特性が利用されていた。ただ、このゲーム機が設置されている地域は非常に限られており、これを現代の新機軸リールマシンの直接の起源として結びつけるには根拠となる資料が不足している。. スロットマシン パチスロ 」に、ステッピングモーターが使用されていたとの記録が残っている。これは、パチスロがストップボタンによってプレイヤーの任意のタイミングでリールを停止させるゲームであるため、パチスロの内部で行われる電子的な抽選結果に反するゲーム結果とならないようリールを制御する目的に使用されたものであるが、この事実と、ラスベガスで初めてステッピングモーターを使用したリールマシンを展開したのが日本のパチスロメーカーであったユニバーサル社(当時)であることを考え併せると、現代リールマシンの最も重要な技術改革の一端は、日本を起源とする可能性が高い。.

現代のリールマシンは、 コンピュータプログラム を搭載した IC基板 スロットマシン バーチャルリール という考え方で動作している。バーチャルリールとは、ゲームの結果として表出するシンボルを、コンピュータプログラムの中に仮想的に格納されているシンボル群から「ランダムナンバージェネレーター」 [8] と呼ばれる乱数発生回路によって電子的に決定するという手法で、 ステッピングモーター は、その結果に従って目的のシンボルが所定の位置に停止するよう回転を制御するために必要な技術である。仮想的なシンボルの数は、ステッピングモーター以前の技術が抱えていた物理的な制約がないため、理論的にはほぼ無限に設定できるので、出現確率が大変低いシンボルを設定して、非常に高額な当たりを提供するということも容易となった。. ビデオスロットの動作原理は、リール部分が ビデオモニター に映し出される コンピュータグラフィックス に置き換えられてはいるが、基本的には現代のリールマシンと同じである。. 大当たりのことを一般に「ジャックポット JACKPOT 」と呼ぶが、中でも賭け金の一定の割合を特定の当たり役の配当に加算する事で賞金を増加させるシステムを「 スロットマシン 」と呼び、通常の大当たりとは区別してプレイヤーに対するより強いインセンティブとしてアピールされる。これはスロットマシンには馴染み易いフィーチャーで、年代には既に取り入れられているリールマシンが出現している。プログレッシブジャックポットには、以下のタイプがある。.

これらのうち、「ワイドエリア・プログレッシブ」は、 スロットマシン と ステッピングモーター の導入によって膨大な組み合わせ数を作ることが可能となったからこそ実現できたもので、当選賞金の世界記録を更新するなどでときおり一般にも報道されることもあり、現代のスロットマシンを象徴するフィーチャーの一つと言える。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. この項目では、主に カジノ に設置される機械について説明しています。パチンコ店に設置されるものについては「 パチスロ 」をご覧ください。. カテゴリ : カジノゲーム ギャンブルゲーム エレメカ. 隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ. バカラ賭博 個人用ツール スロットマシン トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 名前空間 ページ ノート.

表示 閲覧 編集 履歴表示. メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン. ウィキメディア・コモンズには、 スロットマシン に関連するカテゴリがあります。.

ニュース
ネット ギャンブル スマホ
オンラインギャンブル - TOP10カジノスロット 05.03.2021 - ネット ギャンブル スマホ
オンラインカジノおすすめ比較!実際に遊んだリアルな評判
ジャックポット カジノ
カジノスロットの遊び方やジャックポットの種類・仕組みの詳細解説 05.03.2021 - ジャックポット カジノ
【オンラインカジノ】ジャックポットについての基礎知識【スロット】
オンライン カジノ 勝てない
オンラインカジノは勝てない?20万円負けて得た教訓 05.03.2021 - オンライン カジノ 勝てない
オンラインカジノで勝てない人と勝てる人の違いとは | オンカジデビュー
カジノ アジア
世界のカジノ一覧、国別にカジノホテルも徹底紹介 | 世界中のカジノを、100倍楽しむ エンジョイカジノ 05.03.2021 - カジノ アジア
アジアでカジノが合法の国と遊ぶ前に知っておきたい事【年最新版】 | ディープ・アジア・トリップ